水素水を携帯するメリットと注意点について

水素水には活性酸素を除去する作用があるとされています。

活性酸素は私たちの体内で発生する物質で、その量が一定であれば体に対して良い働きをします。

しかし量が増え過ぎてしまうと細胞を傷つけるため、体にとって悪い影響をもたらす原因となります。

たとえば肌の弾力や潤いを保っている細胞が傷つけられるとたるみが発生しますし、臓器の細胞が傷つけられればその部分に疾患が発生することもあります。

また最近では、活性酸素によって脳の神経細胞が傷つけられた場合には、うつやアルツハイマーが発症する場合もあると言うことも明らかになっています。

水素水は、この活性酸素を体内で無害な水に変え排出するとされていますから、健康や美容のために水素水を飲むことは非常に良いことです。

さて、活性酸素が体内で発生するタイミングは様々です。

最も多いのは、呼吸で取り込んだ酸素をエネルギーとして行われる、生命維持のための代謝の際のタイミングです。

しかしこれ以外にも、たとえば日光に含まれている紫外線を浴びた時や、激しい運動をしている途中やその直後、強いストレスを感じた時や喫煙している時などが、そのタイミングとしては挙げられます。

そのため水素水を携帯していると、このようなタイミングでの活性酸素の発生を予防できると言うメリットがあります。

より健康や美容に対して、良い効果を期待できると言うわけです。

水素水の携帯に関しては、水素水の生成ができて、なおかつそのまま携帯できるボトルタイプのものが商品として販売されています。

またペットボトルやアルミパウチなどの容器のものでも携帯することは可能です。

ただし注意点もあり、それが水素水の水素濃度は、時間の経過で比較的、速やかに低下していくと言う点です。

水素は非常に他の物質に結びつきやすい性質を持っているため、たとえ容器を開封していなくても、水を詰めた直後から水素濃度は低下していきます。

そしてこれは、開封してしまったらなおのことです。

携帯専用ボトルであれば、その点に関しても配慮されているため安心ですが、ペットボトルやアルミパウチの場合は、封を切ったらなるべく一度で飲み終えることが必要です。